サービス概要

DBでコンテンツ管理して各種配信を行う、
クロスメディアCMS

LEPUSは一言で言うとCMSです。一般的なCMSはWeb等の情報しか管理できませんが、LEPUSは紙媒体の管理、生成も行えます。

クラウドサービス

LEPUSはクラウド環境上で運用されるサービスです。ハードウェア等は不要、使用ユーザ単位での課金となります。スモールスタートして使用範囲を拡大したり、数人で検証しながら業務フローを整えつつ徐々に使用人数を増やしていく、などの柔軟な運用が可能です。

紙のテンプレートもユーザが作成でき、
デザイン変更にも対応可能

紙媒体をテンプレート化して自動生成を行えますが、そのテンプレートはフリーレイアウト機能により、画面上でユーザが作成、変更できます。運用しながらデザインを変更したり、新しいデザインパターンが増えたりする際、システム改修を依頼することなく、自社内で完結できます。

紙媒体の定型自動生成機能

定型パターンの紙媒体は、コンテンツを入力するだけで自動生成が可能です。自動生成する際、文字組は禁則処理やぶら下がり、自動長体などの機能により、商業印刷レベルの表現を妥協することなく再現できます。

定型カセット自動配置・ページ生成機能

多くのページを擁するカタログなど、配置ルールをセットすることで自動配置、ページ生成が可能です。これにより、日常業務において従来のDTP作業は不要になり、大幅な時間短縮が見込めます。

フリーレイアウトで自由な紙面デザインが可能

定型以外にも、自由なレイアウトで紙面を作成できます。コンテンツをデータベースで一元管理しながら、表現力も必要なケースに最適です。

可変色や変数による自動置換処理

カテゴリーごとに色が変わる、ページナンバーやカテゴリー名の自動変更など、生産性を向上させる自動置換処理機能があります。

書籍などのリフロー(自動段組・ページ追加)に対応

小説や雑誌のように、複数ページにわたって文章が流れるものは、文字数に応じて段組やページが自動で増えることが必要です。LEPUSのリフロー機能を使用すると、1段組でも複数段組でも、数100ページの自動生成が可能です。

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、お電話またはお問い合わせよりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

03-6257-1091

受付時間 平日 9:15~18:00