操作手順

紙面作成 WEBサイト作成

コンテンツテンプレート設定

  1. コンテンツテンプレートとはコンテンツを生成する際に用いるひな形を管理する画面です。
  2. 「設定」ボタンをクリックします。
  3. 設定メニュー一覧の、「コンテンツテンプレート設定」の編集ボタンをクリックします。
  4. コンテンツテンプレート一覧画面に移動します。「新規コンテンツテンプレート」ボタンをクリックします。
    設定メニューの一覧です。設定ボタンとコンテンツテンプレート設定ボタンを赤枠で囲っています。
  5. 新規コンテンツテンプレート作成画面に移動します。
    コンテンツテンプレート名に入力し、「追加」ボタンをクリックでテンプレート定義を追加します。
  6. コンテンツテンプレート編集画面です。追加ボタンを赤枠で囲っています。
  7. テンプレート定義を追加し終えたら「保存」をクリックします。
    テンプレート定義の新規作成画面です。要素名を入力、タイプを指定します。編集完了ボタン押下で定義が追加されます。 今回の例では飲食店の情報をカセットに流し込むために各項目の定義を追加します。 料理ジャンル、料理ジャンルカラー、店名、キャッチコピー、本文、画像1、画像キャプション、郵便番号、住所、場所情報、郵便番号と住所と場所情報を結合した結合テキスト、営業時間、定休日、その他、営業時間と定休日とその他を結合した結合テキストの項目を登録します。

選択肢マスタ作成

  1. 料理ジャンルのように、予め決まったテキストを選択肢として登録する事ができます。
  2. 「設定」から「選択肢マスタ設定」の編集ボタンをクリックします。 設定メニュー一覧で選択肢マスタ設定編集ボタンを赤枠で囲っています。
  3. 「新規選択肢定義」ボタンをクリックし、選択項目名を記入、グループを指定します。
     グループ:ラベルのみ  …紙面出力などは行わないコンテンツ管理用で主に使用
     グループ:画像のみ   …画像アイコンなどを紙面出力する際に使用
     グループ:テキスト参照  …内容の項目に入力されたテキストを紙面出力する際に使用 選択肢定義編集画面です。選択項目名、グループ種別、ラベル名、内容を入力して保存してください。 料理ジャンルカラーのように予め決まったカラーを選択肢として登録する事もできます。
    グループを「テキスト参照」に指定し、内容の項目にC,M,Y,K 値を入力します。 色指定をする選択肢定義画面です。内容欄にはCMYK値を入力します。

選択肢をコンテンツテンプレート設定に追加

  1. 選択肢を設定したらコンテンツテンプレート編集画面に戻り、テンプレート定義を追加します。
    タイプをラジオボックス、セレクトボックス、チェックボックスのいずれかを選択します。
    色指定の場合は色を選択してください。
    作成した選択肢項目を指定し、編集完了して保存してください。 テンプレート定義追加画面です。タイプはボックス系を選択し、直下に表示される選択肢項目を先程作成した選択マスタを指定して編集完了ボタンを押下します。 コンテンツテンプレート定義一覧画面です。追加した選択系の項目名が追加されています。

結合テキストを設定

  1. コンテンツテンプレート編集画面で、結合テキストの設定します。
    「結合テキスト」ボタンをクリックします。
    コンテンツテンプレート定義一覧画面です。結合テキストボタンを赤枠で囲っています。
  2. 結合テキスト編集画面に移動します。1 つにまとめたい項目を左メニューから選び、クリックしてください。
    すると右のテキストエリアに[lepus_article_scheme_def_ ◯ ] と入力されます。これらの並び順通りにテキストが結合されます。その他、固定で入れたいテキストやスタイルも右テキストエリアに直接入力することができます。
  3. 「プレビュー」ボタンをクリックすると直下に項目の並び順がプレビューされます。編集が完了したら「保存」してください。 結合テキスト編集画面です。プレビューボタンを赤枠で囲っています。

お問合せ

資料請求や説明のご依頼は、お電話またはお問合せよりお気軽にご連絡ください。

お問合せ

03-6257-1091

受付時間 平日 9:15~18:00