操作手順

紙面作成 WEBサイト作成

静的なWEBサイトを作る

  1. テンプレート管理ボタンをクリックし、テンプレート管理画面WebタブをクリックするとWebテンプレート一覧に遷移します。 テンプレート管理画面です。WEBタブを赤枠で囲っています。
  2. 「まず始めに、indexページ(TOPページ)を作成します。デフォルトで作成されているindexページの鉛筆マーク(編集)ボタンをクリックし、html編集画面に遷移します。 Webテンプレート編集画面の説明画像です各項目毎に番号を振っています。 ① WEBサイトを再構築します。⑩の保存だけではWEBサイトに反映はされません。
     (1クリックで全てのページを再構築します)
    ② 編集しているページのWEBページを確認できます。
    ③ htmlのルールを設定できます。
    ④ テンプレート名…新規作成時に設定したページ名です。この英数がページパス名になります。
      テンプレート表示名…コンテンツ配信画面で表示する名です。
    ⑤ 固定ページタイトル…[$TITLE$]を挿入した箇所に表示するテキストです。
    ⑥ パスのパターンを設定できます。設定後は変更不可です。(indexは変更しないでください)
    ⑦ webテンプレートを指定出来ます。予め共通部分のheadをhead_defaultテンプレートに保存しておき、
      使用したい各ページで指定すると追加することができます。
      編集も元のhead_defaultページを修正するだけで反映されます。
    ⑧ body編集エリアです。
    ⑨ リスト作成やcss等をbody内に挿入することができます。詳細は後述します。
    ⑩ 保存ボタン

    新規ページを作成する場合は「新規html」ボタンをクリックし、テンプレート名とページ属性を設定して保存をするとテンプレート一覧に追加されます。 新規html作成画面です。
  3. 現時点ではcssが何も適用されていない状態なので、cssを適用させます。
    テンプレート一覧画面に戻り、新規cssを作成します。編集画面でcssの内容を追加して保存します。 新規スタイルシート作成画面です。 スタイルシート編集画面です。
  4. CSSを適用したい編集画面に遷移し、cssを記入したい箇所にカーソルをあて、右メニューのcss欄に追加されたcssボタンをクリックします。 html編集画面でcssを追加するボタンと画面赤枠で囲っています。 するとカーソルで選択していた箇所にCSSの記述が追加されます。(JavaScriptも同様) cssの記述が追加された箇所に赤線をひいています。
  5. 画像をアップロードする際はアンカーリストの画像欄にある、「ファイルを選択」からアップロードしたい画像を選択し、「アップロード」ボタンで画像がアップロードされます。すると直下に画像サムネイルとファイル名が増えます。
    画像を挿入したい箇所にカーソルを選択し、画像ファイル名をクリックすると画像タグとパスが挿入されます。 html編集画面で画像のアップロード箇所とアップロード後に表示される画像素材を赤枠で囲っています。画像素材をクリックすると画像パスとタグがhtmlに追加されます。
  6. 「Webサイト再構築」ボタンをクリックするとポップアップ画面が表示され、「OK」をクリックすると再構築処理が始まります。 「webサイト再構築」ボタンと押した後に表示されるポップアップ画面の「OK」ボタンを赤枠で囲っています。 再構築が正常に完了すると完了通知が表示されます。(Chromeの通知設定をONにする必要があります。) webサイトの再構築完了通知ポップアッ画面です。
  7. 2.-②の「Webページ確認」ボタンをクリックすると別タブで編集ページのWEBサイトページを確認する事ができます。

お問合せ

資料請求や説明のご依頼は、お電話またはお問合せよりお気軽にご連絡ください。

お問合せ

03-6257-1091

受付時間 平日 9:15~18:00