操作手順・カセットテンプレート作成

紙面作成 WEBサイト作成

カセットテンプレートを作る

  1. 「テンプレート管理」メニューをクリックでテンプレート一覧画面に移動します。
  2. 「新規カセット」ボタンをクリックするとカセットテンプレート登録画面が開きます。
    カセットテンプレート名を入力し、作成したページテンプレートをセレクトメニューから指定すると配置番号セレクトが表示されます。
    作成したいカセットの配置番号を選択します。ここで指定された配置番号のフレームのサイズが自動で取得されます。 テンプレート管理画面の新規カセット作成画面です。カセット名、ページテンプレート指定、配置番号指定をして保存します。
  3. カセットテンプレート編集画面に移動します。 カセットテンプレート編集画面です。
  4. ページテンプレート同様、フレームを配置していきます。
  5. テキストを流し込みたいフレームは右クリックでフレーム種別を「リンクテキスト」に指定します。
    画像を紐づけたいフレームはフレーム種別を「リンク画像」に指定します。 作成したフレームのフレーム種別を変更する表示です。用途に合った種別を選択します。
  6. フレームに段落スタイルを設定します。
    カセットテンプレート作成時と同様に「新規登録」で段落スタイルを登録し、フレームを選択した状態で指定したい段落スタイル横のラジオボタンにチェックを入れ、段落スタイル一覧上の「適用」ボタンをクリックします。 段落スタイルパレットです。フレームを選択した状態で設定したい段落スタイルを選択して適用ボタンを押下します。
  7. 可変色の設定をします。
    文字色を可変したい場合はフレーム種別を「リンクテキスト」、フレーム色を可変したい場合は「入れ子フレーム」に指定します。
    今回はフレーム色を可変させるため「入れ子フレーム」にします。
    指定後、「可変素材の設定」をクリックすると可変素材の適用画面が開きます。 選択した入れ子フレームの編集メニューです。可変素材の設定ボタンを赤枠で囲っています。 左にコンテンツテンプレートで設定済の可変素材適用可能項目が表示されます。
    適用したい項目を選択し、>> ボタンをクリックします。
    すると適用済素材のエリアに項目が移動します。 保存して適用完了します。 可変素材の適用設定画面です。適用可能素材エリアに選択肢が表示されている状態です。>>ボタンを赤枠で囲っています。 >>ボタンを押下後の画面です。適用済み素材エリアに選択肢が移動しています。
  8. 自動長体を設定します。
    リンクテキストフレーム内の文字に長体をかける機能です。
    長体をかけたいテキストフレームを選択した状態で自動長体ON にすると長体がかかります。
    解除する場合は自動長体OFF にすると長体が解除されます。 自動長体を設定したいフレームを選択しながら自動長体設定セレクトメニューを選択しています。ONを選ぶと自動長体が適用されます。

お問合せ

資料請求や説明のご依頼は、お電話またはお問合せよりお気軽にご連絡ください。

お問合せ

03-6257-1091

受付時間 平日 9:15~18:00